Balten Seijin の今日のひとこと

いくつかの霊想書の中からその日のお気に入りを載せます

問題は幾つかの質問に集約される

 重要なことは、いくつかの基本的な質問に集約されます。私は誰を愛しているのか?誰がいなくなるのを淋しく思うのか?自分はこれまでどのように人生を過ごしてきたのか?次のいのちの準備はできているのか?

 問題は、毎日デスクに向かい、紙の山と点滅する電子メッセージに直面しているときに、どうすればそれらの疑問を最前線に置いておくことができるかということです。

 

What matters reduces down to a few basic questions. Who do I love? Who will I miss? How have I spent my life? Am I ready for what’s next? The challenge is, How do I keep those questions in the forefront as I come to my desk each day and face piles of paper and blinking electronic messages?

 

(Grace Notes, Philip Yancey より抜粋 翻訳:Google翻訳➕Balten Seijin) 

イエスの人性・神性の謎は初代教父の信条で解決などしていない

 初代教会は、神が人間となったときに正確に何が起こったのかについて、3世紀にわたって議論しましたが、彼らの信条は神秘の感覚を払拭するのにほとんど役立たちません。一方で、イエスも他の人と同じであり、人種、職業、家族背景、体型があります。同時に他方で、彼は宇宙の歴史の中でまったく新しい存在です。これら 2 つの間には、完全に消えることのない謎が横たわっています。

 

The early church will argue for three centuries about exactly what happened when God became man, but their creeds will do little to dispel the sense of mystery. In a way, Jesus is just like everyone else—he has a race, an occupation, a family background, a body shape. In a way, he is something entirely new in the history of the universe. In between those two statements lies the mystery that never completely goes away.

 

(Grace Notes, Philip Yancey より抜粋 翻訳:Google翻訳➕Balten Seijin) 

反対が起きることこそホンモノの証明

 新しい指導者が波紋を広げ始めると、必ず反対する人たちが出てきます。イエスは地上にいる間、自分は神から遣わされたメシアであると主張します。そしてガリラヤで人気が急激に高まった直後に、彼に対する反対が湧き出ました。マルコ 2 章には、人々がイエスの生涯を通してイエスに対して行うであろう 3 つの異なる批判が記されています。
1. 彼は冒涜します。
2. 彼は評判の悪い付き合いをしている。
3. 彼は伝統に反する。

 

 

When a new leader starts making waves, opposition surely follows. While on earth, Jesus makes an extravagant claim: he claims to be the Messiah, sent from God. And opposition to him springs up soon after the wild surge of popularity in Galilee. Mark 2 tells of three different criticisms that people will make against Jesus throughout his life.

1. He blasphemes.

2. He keeps disreputable company.

3. He goes against tradition.

 

(Grace Notes, Philip Yancey より抜粋 翻訳:Google翻訳➕Balten Seijin) 

罪責感の働き方改革

 「愛とは、決してごめんなさいを言わなくて済むことだ」と、1970年代の痛快なロマンス小説は宣言した。私はその逆、愛とはまさにごめんなさいと言わなければならないことを意味すると信じるようになりました。罪責感は、あまりにも過小評価されていますが、感謝すべきものです。なぜなら、そのような強力な力だけが、私たちを悔い改めと、私たちが傷つけた人々との和解へと促すことができるからである。
 エリ・ヴィーゼルは著書『時代の伝説』の中で、故郷ハンガリーのシゲトを訪れたときのことを語っています。 20年前、ヴィーゼルとその町のユダヤ人全員が一斉検挙され、強制収容所に移送されました。しかし、残念なことに、現在の町の住人たちは、それらのユダヤ人の記憶を単に消去しているのです。ヴィーゼルは、自分の罪を忘れることは、最初に罪を犯すことと同じくらい大きな悪であるかもしれない、なぜなら忘れられたものは決して癒されることがないからである、ということに気づきました。スピリチュアルなマスターたちの本を読んでいると、私たちが今聖徒だとみなしている人たちは、細かく調整された罪の意識を持っていることに気づきました。彼らは神の理想を認識し、聖さを希求し、ほとんどの人を盲目にする虚栄心や防御的な考えから解放され、不足していることを十分に認識して生きています。真の聖徒は、罪責感を持たない人は決して癒しを得られないことを認識しているので、自分の落ち度に落胆することはありません。逆説的ですが、罪責感に浸っている人も同様です。罪責感は、赦しと回復を約束してくださる神に向かって私たちを駆り立てる場合にのみ、その意図された目的を果たします。

 

 Love means never having to say you’re sorry,” proclaimed a sappy romance novel from the 1970s. I have come to believe the opposite, that love means precisely having to say you’re sorry. A sense of guilt, vastly underappreciated, deserves our gratitude, for only such a powerful force can nudge us toward repentance and reconciliation with those we have harmed.

 In his book Legends of our Time, Elie Wiesel tells of a visit to his home town of Sighet, in Hungary. Twenty years before, Wiesel and all other Jews in that town had been rounded up and deported to concentration camps. To his dismay, he found that the current residents of the town had simply erased the memory of those Jews. It struck Wiesel that forgetting one’s sins may be as great an evil as committing them in the first place, for what is forgotten can never be healed. In my reading of spiritual masters, I have noticed that persons we now view as saintly have a finely calibrated sense of sin. Aware of God’s ideal, aspiring to holiness, free of the vanity and defensiveness that blind most people, they live in full awareness of falling short. True saints do not get discouraged over their faults, for they recognize that a person who feels no guilt can never find healing. Paradoxically, neither can a person who wallows in guilt. The sense of guilt only serves its designed purpose if it presses us toward a God who promises forgiveness and restoration.

 

(Grace Notes, Philip Yancey より抜粋 翻訳:Google翻訳➕Balten Seijin) 

自分は太陽ではなく月

 以前は、私の人生の主な動機は、私を見る人が皆感銘を受けるように、明るい色と深い洞察で自分を描き出すことでした。しかし今では、私の役割は鏡となり、私を通して神の姿を明るく映し出すことであることがわかりました。あるいは、ステンドグラスの比喩の方が適切かもしれません。神ご自身が私の人格とからだを通して輝きいでてくださるのです。

 

Previously, my main motivation in life was to do a painting of myself, filled with bright colors and profound insights, so that all who looked upon it would be impressed. Now, however, I find that my role is to be a mirror, to brightly reflect the image of God through me. Or perhaps the metaphor of stained glass would serve better, for, after all, God will illumine through my personality and body.

 

(Grace Notes, Philip Yancey より抜粋 翻訳:Google翻訳➕Balten Seijin) 

自己放棄の難しさ

 自分自身を否定することは、自分の中にある致命的な欠陥を完全に悔い改めながら受け入れることから始まります。私の功績、洗練さ、賞賛に値する特質に関係なく、謙虚になって、自分はこれまで生きてきたすべての人と変わらない、同じであることを認めなければなりません。私は罪人です。キリスト教におけるこれ以上に困難なつまずきは想像できません。キリスト教の愛の倫理で人々を鼓舞するのは比較的簡単です。リベラルなヒューマニズムの多くは、同様の感情に基づいて構築されています。しかし、私の中にある自己防衛のあらゆるメカニズムが、自分を罪人であると認識するこの痛みを伴う放棄のステップに反対しています。その行為により、私は自分のアイデンティティのすべての要素を失い、単に神に対する反逆者として知られることになります。

 

Denying myself starts with a full and repentant acceptance of the fatal flaw within me. Regardless of my accomplishments, my sophistication, my admirable traits, I must come to the humbling ground where I acknowledge I am not different from, but like every person who has ever lived. I am a sinner. I cannot imagine a more difficult stumbling block in Christianity. It is relatively easy to inspire people with the Christian ethic of love; much liberal humanism is built on similar feelings. But every mechanism of self-protection within me cries out against this painful, renouncing step of identifying myself as a sinner. In that act I lose all the collected aspects of my identity and am known simply as a rebel against God.

 

(Grace Notes, Philip Yancey より抜粋 翻訳:Google翻訳➕Balten Seijin) 

苦しみの意味は複合的

 私は苦しみに対する聖書的なアプローチを少なくとも5つ見つけましたが、これらのアプローチの1つにのみ焦点を当てると、不十分なだけでなく、苦しみについて異端的な神学になる危険があります。


ステージ 1: 正しく生きる人は決して苦しむはずはありません。

ステージ 2: 善良な人は困難に耐え、必ず安らぎを得ます。

ステージ 3: すべてが相い働いて益となる。

ステージ 4: 忠実な人々は苦難を強いられるかもしれません。

ステージ 5: 聖なる無関心。


ステージ 1: 正しく生きる人は決して苦しむはずはありません。私たちは、ほとんど反射的にそのような「繁栄の福音」の考えを持っています。この神学の源であるイスラエル人と神の契約を理解するには、出エジプト記申命記に戻る必要があります。神は民が神に忠実に従うなら繁栄を保証していましたが、イスラエル人はその契約の条件を破りました。

ステージ 2: 善良な人は困難に耐え、必ず安らぎを得ます。多くの嘆きの詩篇の作者は、次のように信じているようです。「私が自分の正しさを神に確信させることができれば、神は必ず私を救ってくださるでしょう。何かの間違いがあったに違いない。」私はそのような自己正当化の詩編を準備の詩編と考えるようになりました。これらは、義人も時には苦しみ、時には救われないことを国民全体に理解させるのに役立ちます。

ステージ 3: すべてが相い働いて益となる。ローマ人への手紙 8 章のこの有名な言葉は、「神を愛する者には良いことだけが起こる」という意味に歪曲されることがよくあります。皮肉なことに、パウロはまったく逆のことを言いたかったのです。この章の残りの部分では、彼は自分がどのような「もの」について話しているのかを定義しています:問題、苦難、迫害、飢餓、裸、危険、剣。それでも彼は、「これらすべてのことにおいて、私たちは征服者以上の存在だ」と主張しています。どんなに困難があったとしても、私たちを神の愛から引き離すことはできません。

 

I have found at least five biblical approaches to suffering, and if we focus on one of these approaches exclusively, we risk not only an inadequate, but a heretical theology of suffering.
Stage 1: A person living right should never suffer.

Stage 2: Good people do endure hardships, but they will always get relief.

Stage 3: All things work together for good.

Stage 4: Faithful people may be called to suffer. Stage 5: Holy indifference.


Stage 1: A person living right should never suffer. We have such “prosperity gospel” thoughts almost as a reflex. You would have to go back to Exodus and Deuteronomy to understand the source of this theology: God’s covenant with the Israelites. God had guaranteed prosperity if the people would follow him faithfully, but the Israelites broke the terms of that covenant.

Stage 2: Good people do endure hardships, but they will always get relief. The author of many of the psalms of lament seems to believe, “If I can just convince God of my righteousness, then God will surely deliver me. There must be some mistake involved.” I have come to see such self-justifying psalms as psalms of preparation. They help an entire nation understand that sometimes righteous people do suffer, and sometimes they don’t get delivered.

Stage 3: All things work together for good. That famous phrase from Romans 8 is often distorted to imply “Only good things will happen to those who love God.” Ironically, Paul meant just the opposite. In the remainder of the chapter, he defines what kind of “things” he is talking about: trouble, hardship, persecution, famine, nakedness, danger, sword. Yet, he insists, “in all these things we are more than conquerors”; no amount of hardship can separate us from the love of God.

 

(Grace Notes, Philip Yancey より抜粋 翻訳:Google翻訳➕Balten Seijin)